NPO法人
未来農園へようこそ

​​食料の「不安」を無くす。

NPO法人 未来農園が健康で安心して生活できる社会を作ることです。当団体のプログラムや活動は、衣食住を自活し、お金に極力頼らなくても生きられる環境を創ることを目指しています。

 

私たちに共有農場を運営しています。

​​『米』を中心とした暮らしづくり

大阪のてっぺん能勢町にて、自給自足を目指した共有農場の運営をしております。

現代社会はお金がないと生きられないため、

お金を得るために商売を無理やりし続けないといけない状態に陥っています。

きっと、100年寿命のある電球の開発は可能ですが、

商売にするために寿命の短い電球を生産しなければいけません。

そんな大量消費社会を生きやすくするために、団体で自給自足を目指し、健全な社会の在り方を追求しております。

お米は発芽~収穫まで毎年1粒が1000倍にも増えています。

この「ありあまる富」をみんなで分け合います。

​助け合いの環境が日本中に広がることで、より平和な社会の実現に近づくと思い、活動しています。

 

活動履歴

社会を変える

 

​​共有農場モデル

​​あらゆる社会問題を解決していきます。

一人のリーダー、一人の農園管理者を中心に、10~20名程度で一つの農園を運営していきます。

農業を直接することによって、食べることに対する経費を徹底的に下げることが出来ます。また、地域の交流、世代間の交流が生まれ、子育てがしやすい環境が出来ます。

地方活性化は子育て環境を整えることに集結すると考えています

​​共有農場の互譲互助関係

​​助け合いの関係を繋げる。

私達は社会問題に取り組んでいます。資本主義が完成しつつあり、十分なほどに物質的に豊かな時代になりました。
目に見えない絆や、仕組で「食の不安」を軽減していければと考えております。
共有農場同士が地域社会の協力と自立支援の強化を考え、天災に備え、交流し、助け合える関係性を作ることでより安心な仕組みになります。

​​恩送りプロジェクト

​​お米で「食の不安」を無くす。

若者は未来の日本です。コロナで援助を必要とする人々にお米を提供します。適切な情報と手段さえあれば、より有効な支援が可能になります。また食料は特質上、腐ってしまいます。より多く作り、それをシェアすることで一人でも多くの人に健康な食料を配っていきます。

​​地方創生

都会は競争社会。地方は共生社会。

私達は地域には新しい役割があると考えています。仕事は競争。自給自足は共生。その両方があることにより、社会はより豊かに発展していきます。

​都会が地方を支え、地方が都会を支え、そういった役割分担をしてくことが大切だと考えています。

未来商店 ロゴ.jpg

​​認定NPO法人取得を目指します。

現代の社会問題には、新たな視点で物事を見つめ、リスクを恐れずに問題を解決できる人材が不可欠です。NPO未来農園は全世代が一丸となり、最大多数最大幸福を胸に、その意志を行動で示すことを信条としています。2020年に設立される当団体の活動は、様々な方々の協力、革新的なアイデア、大胆な行動、支援により確固たる団体を創っていきます。

尚、認定NPOが取得できた際は、寄付を募りながら運営していきます。認定NPOになることで、寄付が節税にもなります。ご年配の方がお金を遺したまま、死んでいくことがひとつの社会問題になっております。託していただいたお金をより有効活用出来る仕組みづくりに邁進していきます

​各地域の寄付、遺贈でお金が循環するのが一番の理想の形だと考えております。

 
S__20774921.jpg

お問い合わせ

 
 

@adl3999w

©2019 by 社会貢献型ASP 認定NPO(予定)桃源農園. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now